ナカちゃんの矛(ほこ)と盾(たて)

ナカちゃんの矛(ほこ)と盾(たて)

皆様、おはようございます。

ナカちゃんショップの店長のナカちゃんです。

皆さんは、「矛盾(むじゅん)」という言葉の由来になった矛(ほこ)と盾(たて)のお話はご存知ですか?

中国の楚の国で「どんな盾も突き通す矛」と「どんな矛も防ぐ盾」を売っていた男が、客から「その矛でその盾を突いたらどうなるのか」と問われ、返答できなかったという話です。

実は明日からどんなものにも合うタレとタレがなくてもおいしい餃子をコラボ企画を考えています。

一見すると、どんなものに合うタレでその餃子を食べたら本当に美味しいのだろうか?なんて考えてしまいそうですね。

個人的には、矛(ほこ)と盾(たて)がお互いに戦う前提だから矛盾(むじゅん)が生じるわけですが、両方を持って同じ方向で戦ったらどうなのでしょうか?

ナカちゃんはそれは最強だと思います。

多様化が叫ばれる中、強い個性を持ったもの同士が手を取り合い同じ方向に向かって協力し合うことができたら面白いですよね。

うまだれカンパニーの味禅は創業者が餃子が大好きで、餃子に合うタレを千葉県の素材で作りたい。そんな想いから開発がスタートしたそうです。

その想いがつまったタレの味が、餃子にも届くのでしょうか。

続きは明日です。こうご期待ください!

ブログに戻る